最近のトラックバック

あしあと

  • あしあと

トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

リカバリ騒動顛末記2 NortonGhost体験版に頼った私が馬鹿でした

前回のあらすじ
 富士通FMV(2009年春モデル)には、領域設定を変更すると、リカバリなどが使えなくなってしまうという制限がある。それを知らずにいろいろ変更してしまい、リカバリをするのに大変苦労したさこちゃん。なんとかリカバリに成功したが、さらなる関門が待ち構えていた。どうするさこちゃん。

 Cドライブは、体験版のNorton GhostでCドライブのバックアップをとっていました。リカバリした環境で、NortonGhost体験版をインストールし、完全復活を目指していました。ところが、次のようなメッセージが。

この操作は、Windowsの実行中に行うことはできません。
この操作は、修復環境内で完了する必要があります。
続行しますか?

そうだね。システムの復元はWindows起動中じゃできないもんね。で[はい]をクリック。

操作を完了するには、SymantecRecoveryDiskのCDを挿入して
コンピュータ****を再起動してください。
※「****」はコンピュータにつけた名前です。
メッセージが表示されたら任意のキーを押して、CDから修復環境に
ブートしてください。
コンピュータのBIOS設定を、CDドライブからブートするように変更する
必要がある場合もあります。

なんですと!?SymantecRecoveryDisk?そんなの知らないよ。ヘルプを見たのですが、どうも、このマスターディスクみたいなのがあるみたいですが、製品版だけにあるものなのでしょうか。手元にないのでは何ともなりません。5度目の「えっ、そんな」です。NortonGhost体験版に頼った私が馬鹿でした。

しかたなく、手動でいろんなデータを復旧していきました。メール関係の復元はややこしく、時間もかかります。相当難儀しました。
・システムのアップデート
・メールソフトの復元(アカウント・メッセージ・アドレス帳・メッセージルール)
・各種ソフトの再インストール
・日本語入力のカスタマイズ
・XP用ソフトのVista対応
 数日かけてなんとかなりそうです。

あとしたいことは、まだありますが、あとは少しずつカスタマイズしていくことにします。
・Excelや一太郎のツールバーのカスタマイズ。
・壁紙のカスタマイズ。
・インターネットブラウザのお気に入りの編集
・各種たまにしか使わないソフトのインストールと設定

ま、とにかく、マイリカバリも使えるようになったことだし、今回のようなことはもうしばらくはないと自分を慰めているところです。


リカバリ騒動顛末記1 「えっ、そんな」の嵐

 富士通のFMV 2009年春モデルを使っています。
 これには、マイリカバリというとても便利なバックアップ機能があります。通常のリカバリですと、購入時の状態に戻ってしまい、いろいろなソフトのインストールや設定ができないのです。
 このマイリカバリを使うと、いろいろなソフトのインストールや設定をしたあとの状態でリカバリできるのです。
 市販ソフトにも同様の機能があるものもあると思いますが、うまく動作しなかったりするかも知れないという不安がありました。

 で、マイリカバリをしようとすると…できない!

 パソコンのドライブ設定をさわってしまったのが原因らしいです。

 以前、DドライブをDドライブとEドライブに分けたため、リカバリディスクが作成できないというアクシデントがあった。
 説明書を見ると、「領域設定を変更しないでください」と書いてありました。
 1度目の「えっ、そんな」である。
 その時は、確かDドライブ1つにして、領域確保を行って、フォーマットまでしたら、リカバリディスクが作成できたので、ほっとしました。

 リカバリディスクができたので、マイリカバリもできるものと思っていました。
 ところが、いざマイリカバリをしようとすると、購入時と領域設定が変更されている可能性があるため機能が制限されています。…とかいう表示が出て、マイリカバリができませんでした。
 2度目の「えっ、そんな」である。

 さらに、DドライブとEドライブのデータをバックアップした後、Dドライブ1つに統合してから、マイリカバリをしようとしたのですが、また同じ。
 これが、3度目の「えっ、そんな」

 インターネットでこれらのことを検索すると、有名なことだそうで、ちらほら検索にヒットしました。しかし、解決に結びつきそうなものは皆無。有償修理に出さなければならないのか。
Dドライブをプライマリパーティーションにすればよいらしいが、そうするとリカバリをしなければならない。

 しかたなく、リカバリをすることに。ところが、説明書には、次のように書いてありました。

 市販のソフトウェアやWindowsVistaの「ディスクの管理」で領域設定を変更しないでください。市販のソフトウェアやWindowsVistaの「ディスクの管理」で領域設定を変更された方は、ご購入時の状態に戻すリカバリを行うことができません。

 リカバリディスクは作れたのに、リカバリができないなんて。4度目の「えっ、そんな」

 リカバリディスクまでできたんだ何とかならないか。

 トラブル解決ナビまでは起動するが、「マイリカバリ」はおろか「リカバリ」も表示されない。
 BIOS設定でCD/DVDドライブをブート優先にして、リカバリディスクでの起動を試みたが、アウト。

 説明書を見ていると、「ハードディスクデータ消去」の項目が目に入った。目的は違うが、「アプリケーションディスク&ユーティリティディスク」でなら起動できそう。

 「アプリケーションディスク&ユーティリティディスク」で起動しました。通常のリカバリはできなかったものの、「リカバリ領域の復元」「ハードディスクデータ消去」のメニューが表示。目的は違うが、「リカバリ領域の復元」なら何とかなるかも。

 うまくいきました。

 ところが、次の関門が待っていたのです。 続く。

皆既日食

7月22日の日食、多少不満ながらも見ることができました。
日食観測会を開いて見たところまではよかったのですが…。
どうせ曇りだからと作業をしていたら、雲が薄くなってきて、でも作業中で目を離せないでいて、外に出るのが遅れてしまったら、もう見えなくなっていました。一番欠けていた時間帯だったので、悔やまれます。30%ぐらい欠けたところは見えましたが、それは子どもの時に見たことがあるので、75%ぐらい欠けたところを見たかったです。

とはいえ、休みを取って大金払って悪石島に行った人に比べるとショックはまだ小さい方だと自分を慰めているところです。

次回は、2012年5月21日にこの辺りでも金環日食が見られるそうです。
http://astro.ysc.go.jp/ASE2012MAY21.html

トップページ | 2009年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ