最近のトラックバック

あしあと

  • あしあと

« 盲導犬クイール | トップページ | あし@で来訪者がわかるよぉ »

『気骨の判決』東條英機と闘った裁判官

 NHKで『気骨の判決』というドラマとして放送していました。たまたまテレビをつけたらやっていたので、途中からですが、見ました。

 戦時中は、何かと言論の自由をはじめ、自由が抑圧された時代でした。そして、司法まで軍部の影響を受けていたことも驚きでしたが、命の危険がある中、圧力に屈することなく、正当な判決を下そうとしたその勇気に素直に感動しました。

 当時、東條内閣下で行われた昭和17年の翼賛選挙では権力による非推薦候補が露骨な妨害をされ、落選する事件が多発したそうです。いくつかの選挙区から、選挙の無効を求めて裁判が起こされました。いくつかの選挙区では、圧力を受けたためか原告敗訴となりましたが、吉田久大審院判事が担当する選挙区では選挙無効の判決を下したのです。結局、再選挙の結果も当選者は変わらなかったのですが、その価値はとても大きなものだったと思います。

 あとでネットで調べてみましたら、戦時中の実在の人物「吉田久」という大審院判事の話で、本も出ていました。

新潮社 書籍詳細:気骨の判決―東條英機と闘った裁判官―(清永聡/著)
http://www.shinchosha.co.jp/book/610275/

弁護士 松森彬のブログ
「気骨の判決」を読んで
http://mt-law.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-48dd.html

リバタリアン日記
気骨の判決

http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/1112376/

« 盲導犬クイール | トップページ | あし@で来訪者がわかるよぉ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251319/30990903

この記事へのトラックバック一覧です: 『気骨の判決』東條英機と闘った裁判官:

« 盲導犬クイール | トップページ | あし@で来訪者がわかるよぉ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ