最近のトラックバック

あしあと

  • あしあと

« ライブラリ数の上限を超えたため登録できませんでした(BZ810、Z260)解決 | トップページ | Shuriken2008でGmailが使えない!(解決済み) »

歴史秘話ヒストリア 日本を愛した外交官ジョセフ・グルー

歴史秘話ヒストリア 天皇を敬慕し、日米開戦回避に奔走したアメリカ人がいた。元駐日大使ジョセフ・グルー

思うところのある話だったので、簡単にあらすじを残しておこうっと。
満洲国が建国された昭和7年、アメリカ大使として東京に着任してきたジョセフ・C・グルー。
日本の文化歌舞伎や、日本人の優しさを知り、日本が好きになった。日本人にとっての天皇の存在意義、そして、昭和天皇が戦争を望んでいないことを知り、親米派の政治家と交流を持ち、戦争回避の努力をし続けた。しかし、二.二六事件が起き、友人を亡くしてしまう。ローズヴェルト大統領、ハル国務長官に強く進言して戦争回避に努力し続けたが、結局太平洋戦争が起こってしまう。日本を去る際、大使館の庭に桜の苗木を植えて、日本を去る。
日米戦争末期、グルーは、日本本土決戦を避けるために努力する。日本が降伏を受け入れるためには、戦後は日本の天皇制存続を保証することだと主張。一度はポツダム宣言にその旨が書かれたが、当時のアメリカの世論は、天皇死刑・終身刑など圧倒的だったため、実際のポツダム宣言はその旨が削除されている。
日本から、国体の保持(天王星の存続)が保証されるなら、受け入れる旨の返事があり、
に、天皇に降伏文書に署名させることが検討されたが、グルーはここでも天皇の免責に腐心した。日本は降伏し、グルーは国務省を去る。
戦後日本の占領軍のマッカーサー元帥に乞われたが、友人のいる日本に支配者面したくはないと、一蹴する。
こんな人がいたというのは、日本にとっての救いだったと思う。もし、グルーがいなかったら、本当に本土決戦していたんじゃないか、もしかすると、自分の家系は絶えてしまって、自分は生まれなかったかも知れない。

« ライブラリ数の上限を超えたため登録できませんでした(BZ810、Z260)解決 | トップページ | Shuriken2008でGmailが使えない!(解決済み) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251319/60964518

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史秘話ヒストリア 日本を愛した外交官ジョセフ・グルー:

« ライブラリ数の上限を超えたため登録できませんでした(BZ810、Z260)解決 | トップページ | Shuriken2008でGmailが使えない!(解決済み) »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ