最近のトラックバック

あしあと

  • あしあと

カテゴリー「経済・政治・国際」の7件の投稿

民主よ、おごるなかれ

民主党よ、おごるなかれ。
 国民の多くが民主党を支持したが、民主党のマニフェストをすべて支持したのだと思ってもらっては困る。
 3年前の郵政選挙で、自民が圧勝したが、国民が支持したのは郵政民営化であって、すべての政策ではなかったはずだ。しかし、自民は、その時の議席を使って何度も再議決をした結果、国民の不信感を買ってしまったのではないだろうか。少なくともわたしはそう思っている。

 わたしも民主党に変革を期待したが、すべての政策を支持してはいない。
 自民党よりは国民の目線に立って政治をしてくれることを期待している。
だが、予算の削り方と予算の使い方には疑問が残る。財政難で、予算が削られるのは仕方ない。本当に必要なものもずいぶんけずったはずだ。しかし、それをムダをけずったというのは間違っている。
 子ども手当も疑問だ。そもそも何のための政策か。子育て支援をし、子どもを安心して産める環境を整えることが大事ではないのか。子ども手当の一律もおかしいが、それより、保育所待機問題を解決すべきではないか。
 高校無償化も疑問だ。高校は義務教育ではない。もともと若者の人口が少なくなって定員割れをしているから、ほぼ全入になっているだけだ。で、勉強しなくても高校に入れるものだから、一部の高校はひどいものだ。そんなことにお金を使えば、ますます「ただだから高校へ行っておけ」という親も出るだろう。学ぶ意欲もないくせに高校へ行き、そんな人に税金を使うくらいなら、高校・大学の奨学金を増やしたらいい。学ぶ意欲は高いが家計の問題で学び続けられない人がいることの方が国の将来にとって大きな損失だ。才能や能力に応じて学費を変えたりすれば、やる気もアップしていいのではないかと思ってしまう。

民主党も、国民の声を聞かないと、自民党の二の舞になるよ。

民主、本当にやるのか?高速無料化

鳩山首相がCO2(二酸化炭素)25%削減を宣言した。
とてもよいことだと思う。この関連で、世界を引っぱっていってほしい。

一方、高速無料化、本当にやるのか??
たくさんの批判がネットにも出てきている。

1.CO2削減方針に矛盾する。
 CO2削減を推し進めるなら、公共交通機関の利用を促進させる方策のほうが必要だ。
2.公共交通機関を圧迫している。
 フェリー業界の話が特に話題になっているようだが、高速バス、電車なども影響が大きい。赤字路線が廃止になり、市民の足に大きな影響が出る。ここで問題なのは、車を持っている人は何の問題も感じないが、高齢者・学生など車の運転ができない人にとっては大きく生活が苦しくなるという点で、弱者救済どころか弱者をさらに痛めつける結果になるということだ。
3.高速道路が低速道路になる。
 時間を短縮していきたいからお金を払って高速に乗る。なのに、無料化で渋滞したらそれどころではなくなる。宅配便、高速バスなどにも影響が出て、結局国民生活に大きな支障が出るのは目に見えている。
4.受益者負担でなくなる。
 高速道路が無料化になれば、道路整備などのお金はどこから出るのか。それは、税金だ。高速道路に乗らなくても税金を払わなければならなくなる。これは不公平だ。

では、高速道路の無料化のメリットといわれるのは、何か。
1.観光産業、地域の活性化
2.関連する産業の活性化
 地域を活性化というが、メリットがあるのは高速道路が延びている地域周辺だ。日本の隅々にも、と考えるのならば、方策の見直しを考えていただきたい。

加えて、ガソリンなどの暫定税率撤廃、自動車取得税の廃止などで、自動車業界は活性化するかも知れない。高速を無料化しなくても、そのほうが、日本の隅々に経済効果があるのではないかと思うが、いかがだろうか。

付け足し。
もし、高速無料化をするなら、一気に無料化でなくて、5%引きとか、徐々にやっていきながら、様子を見、経済効果・国民の負担などすべてを考えてベストな料金になるようにすることを提案する。

子育て支援も一律ではなく

 民主党は、子育て支援として1人いくらって考えてますが、次のサイトを見て、ちょっと一律にする必要もないかなって思いました。

ベネッセ教育情報サイト
 低所得者層にも手厚い支援を総選挙後の実現が課題
http://benesse.jp/blog/20090820/p4.html

 低所得者層や子どもが多い場合に比重を高くし、高所得者層には手当なしぐらいでもいいのではないでしょうか?以前、家計が厳しく進学をあきらめたり退学したりする人が増えてきたそうです。それって有用な人材をむざむざ捨てることになり、日本としては損なのでは?
 また、重点配分をすることで、支出を少しでも切り詰めることは必要なのでは?

政権交代はしたけれど…

 いやーっ。すごい結果になりましたね。前回の郵政選挙と打って変わって民主の一人勝ちです。
 ついに、政権交代ですね。ここまでくるのが長かった。二大政党制になりやすいからという理由で小選挙区制・比例代表制の選挙に代わってからずいぶんにたちました。当時は、自民党が自分に有利にするためにしたようなものでしたが、いまでは逆の立場ですねぇ。
 さて、その民主党、社民党・国民新党と連立を組む様子。
 連立組むんだったら、選挙前から協力し合って、比例には社民党・国民新党をって言ってたらよかったのに。その点では支持率の割に議席がとれた公明党は賢いと言うべきか。coldsweats01
 とにかく、社民党・国民新党には、自公連立政権で、公明党が果たしたような、ブレーキ役を期待しましょう。catface
 民主党さん、これからが正念場ですよっsign03

最高裁判所裁判官国民審査って機能していないよね

 選挙の話題が多いんですが、下の方に小さな字で「最高裁判所裁判官国民審査」って書いてあったりしますよね。気付いていました?

 これってつくづく機能していないと思うのは私だけではないでしょう。っていうか、気付いてない人のほうが多いのでわ?

 誰が裁判官なのか、ポスターが貼られるわけでもなし、ネットで探せば見つかるものの、名前を聞いてもどういう人か分かるわけでもない。その人の最高裁判決における判断をしめしたかの略歴も簡単には見あたらない。(あとで見つけた)で、どう判断しろと?coldsweats01

で、「投票は、やめさせたいと思う裁判官には、その氏名の上の欄に、×を書いてください。 やめさせなくてもよいと思う裁判官には、何も書かないでください。」でしょ、で罷免可が罷免不可を超えた場合罷免されるっていうけど、情報がない以上ほとんどの人が×をつけるわけがないから、自動的に続投決定。意味のない審査としかいいようがないでしょ。

 だれもおかしいと思わないんでしょうかねぇ?
 なんとかならんですかねぇ?
 せめて、「投票は、やめさせたいと思う裁判官には、その氏名の上の欄に、×を書いてください。 やめさせなくてもよいと思う裁判官には、○を書いてください。判断ができない場合は何も書かないでください。」なら分かるんだけどナ。

ありましたここに、裁判官の略歴などが。ついでにすぎやまこういちさんのインタビューも。
忘れられた一票2009
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/

民主党が政権を取るのが確実になってきましたが…2「子ども手当」の真実は?

 民主党がやろうとしていること、理想には賛成できる面があります。が、多くの人が思っているとおり、本当に実現できるのか?財源はどうするのか明らかにされていない部分がありますね。

 こんな記事を見つけました。
子ども手当て 実は7万円増税?
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/domestic-200908271524/1.htm?c=app.f.1

しんぶん赤旗 民主党「子ども手当」増税ホントは7万円2000万世帯に影響
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-08-21/2009082102_03_1.html

 子ども手当については、どの党も同じようなことを言ってますが、子どもが減ることは産業にも影響を与えますし、将来の年金にも大きな影響を与えますよね。私の理解が間違っていなければ、年金は自分が積み立てたお金ではなく、その年の働いている世代に養ってもらっているんですよね。徐々に自分たちの世代は自分たちの世代の積み立てでまかなっていくようにしていかないと破綻は目に見えていると思うのですが、年金制度についてはあまり聞かれませんね。
 話は元に戻りますが、子どもを産もう、産んでもいいよ、産んでよかったって思ってもらえるように支援していくことが大事ですよね。一律補助より、本当に助けてほしいっていう時に助けることのほうが大事だと思うんですが。大阪のほうでは、保育所に入れない子がいるっていうし、お金もらうより、保育所作ってという感じではないかな?
 もう一つ、給食費滞納の保護者がニュースになっていましたが、お金に余裕があるにもかかわらず、大事なことに払わない保護者対策も必要ですよね。必要なお金を払わない保護者には手当を渡さないとか、ある手続きをすれば学校(幼稚園・保育園)が優先的に受け取ることができるようにするとか。この点に限っては、自民党のやり方がいいと思ったりしますね。
 先のサイトは共産党のですが、じゃあ、共産党がやろうとしていることの財源も示してねって思ったりして。

 とどのつまり、政策をよく吟味して、今後のことをよく考えて投票しましょうねってことで。

 いつもより熱く語ったさこちゃんでした。

民主党が政権を取るのが確実になってきましたが…1

 もうすぐ選挙ですね。
 ちまたの噂もとい、ニュースでは、300議席に迫る勢いとか。衆院再議決ができる2/3に達するかも知れないそうです。
 民主党が政権を取るのはいいとして、本当にそんなに議席をとっていいのか、懸念しているところです。
 郵政選挙と言われた前回の衆院選挙では、多くの人が郵政民営化に賛成して自民党に投票しました。しかし、郵政民営化には賛成しても、自民党のすべての政策に賛成していたわけではないと思います。自民党は、そのことを理解すべきでしたが、後半は衆院再議決の乱発。暴走していたと言っていいでしょう。
 今回の民主党にしても同じことが言えます。今は、政権交代に賛成している人が多いわけでしょうが、すべての政策に賛成しているわけではないでしょう。また、民主党が暴走しかけた時にストップをかけることができる政党が必要だと思うのですが、いかがでしょう?


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ